20万円 借りたい

MENU

20万円借りたい方へは低金利のところが断然オススメ!

「20万円借りたい」

わかりやすい3項目で3秒診断!!

◎→20万円を最短1時間で借りれるプロミス

 

20万円借りたい

20万円というと決して小さくないお金ですので、

借りるとしたらなるべく低金利のところで借りるのがおすすめです。

 

無利息サービスや即日融資も可能なキャッシングサービスなどを活用して、賢く借りるのがベストの選択ですよ!
※プロミスの無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

 

 

【とにかく急いでいる方はコチラ!】

 

 

◎→20万円を最短1時間で借りれるプロミス

 

※PC・スマホからのお申し込みでスピーディーな審査

 

今日中に、明日までに、20万円借りたい場合の最短方法

 

実際にキャッシングでお金を借りるまでの期間をできるだけ短くするには、
ネットからの申し込みが必須です!

 

スマートフォンやパソコンから直接申し込みをすることで、効率よく手続きを行うことができます。

 

流れとしては以下のとおりです。

 

  1. パソコンやスマホでキャッシングのサイトにアクセス(約1分)
  2.  

  3. サイトからネット申し込み(約5分)
  4.  

  5. 審査結果をメールで受け取る(最短30分)
  6.  

  7. 口座情報をネット入力(1分)
  8.  

  9. 指定口座への振込、または、無人契約機でお金をおろす

 

この手続をふめば、面倒な書類の郵送などもなく、
最短で1時間ほどで20万円のキャッシングも可能になります。

 

 

20万円借りた時の金利っていくら位?

 

20万円 借りたい

「20万借りたい」ということで無事にキャッシングできたとして、
「じゃあ20万円借りた時の金利っていくら位なの?」という心配がありますよね?

 

【条件】返済月数:12ヶ月、金利:18.0%

 

上の条件で20万円を借りた場合の返済イメージが以下の図です。

 

返済月 返済金額 元金 利息
18,335円 15,335円 3,000円
18,335円 15,566円 2,769円
18,335円 15,799円 2,536円
18,335円 16,036円 2,299円
18,335円 16,277円 2,058円
18,335円 16,521円 1,814円
18,335円 16,769円 1,566円
18,335円 17,020円 1,315円
18,335円 17,275円 1,060円
10 18,335円 17,534円 801円
11 18,335円 17,797円 538円
12 18,342円 18,071円 271円
合計 220,027円 200,000円 20,027円

 

消費者金融で10万円、20万円、30万円、50万円借りたごとの返済金額の例

キャッシングやカードローンの返済方法は、リボ払いのケースがほとんどだと思いますが、リボ払いにはいくつも種類があり、たとえ同じ金額を借りたとしても、月々の返済額が金融業者によって違ってきます。

 

大手消費者金融では残高スライド元利定額返済方式が多く、アコムでは元利定率リボルビング方式が採用されています。

 

残高スライド元利定額返済方式とは、毎回一定の金額を返済するリボ払いに、借入金額の残高にあわせて返済金額が変わる仕組みを追加したもので、返済や追加借入れなどで変化する借入残高に応じて、返済金額が変わってきます。

 

元利定率リボルビング方式は、初回に設定した固定返済額(元金+利息)を月々の支払とする方式です。

 

アコムの場合の返済額の例

元利定率リボルビング方式のアコムの場合の、借入金額ごとに毎月の返済額についてです。
アコムは借入金残高の3.0%(定率)が最低返済額(1,000円未満切り上げ)となります。

 

年利18%で、35日ごとに返済するとしての金額です。

 

借入金額10万円の場合・・・

返済期間が1年以内なら月々11,000円を10回で返済し、返済総額109,710円となります。
2年以内なら月々6,000円を20回で返済し、返済総額は118,930円となります。
5年以内となれば月々3,000円を51回で返済、返済総額150,105円です。

 

借入金額20万円の場合・・・

1年以内なら月々22,000円を10回で返済、総額219,425円です。
2年以内なら月々12,000円を20回で返済、総額237,869円です。
5年以内なら月々6,000円を51回で返済、総額300,256円となります。

 

借入金額30万円の場合・・・

1年以内なら月々33,000円を10回で返済、総額329,141円です。
2年以内なら月々18,000円を20回で返済、総額356,809円です。
5年以内なら月々9,000円を51回で返済、総額450,401円となります。

 

借入金額50万円の場合・・・

1年以内なら月々55,000円を10回で返済、総額548,569円です。
2年以内なら月々30,000円を20回で返済、総額594,690円です。
5年以内なら月々15,000円を51回で返済、総額750,686円となります。

 

余裕ができたら一括返済や繰り上げ返済で早く返そう

キャッシングやカードローンの返済では、一括返済や繰り上げ返済が可能です。
一括返済が難しくても、繰り上げ返済なら資金に余裕ができた時、少しずつでも可能ではないでしょうか。

 

その月の最低返済額以上の支払いは、借金元金の返済に当てられますので返済総額が違ってきます。
一括返済も繰り上げ返済もインターネットやATMで簡単に手続きでき便利です。

 

*概要

リボ払いも種類があり消費者金融によって採用方式が違います。残高スライド元利均等返済方式を採用しているところも多いですがアコムは元利定率リボルビング方式です。アコムの場合を例とする借入金額別の返済期間・回数・月々の支払い額・返済総額です。余裕ができたら一括返済や繰り上げ返済を利用しましょう。

 

オススメのキャッシングはどこ?

 

今すぐ、できるだけ速く20万円借りたい場合のキャッシングは、プロミス、モビット、アコム、レイクなどの大手のキャッシングがオススメです。

 

なかでもプロミスは審査スピードに定評がありますし、金利も大手キャッシングの中では低金利に設定されているのでお勧めです。

 

◎→【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断!

 

 
 

大手キャッシングだと20万円は借りる際に収入証明が不要!

 

収入証明書提出の条件というものがあります。

 

  1. 希望融資額が50万円を超える場合
  2. 希望融資額と他のキャッシングからの借り入れ合計額が100万円を超える場合

 

20万円の借入希望の場合は、提示するものは身分証明書のみ(運転免許証、パスポートなど)でお金を借りることができます。

 

※他社にて多額の借り入れがある場合は、収入証明書が必要になります。

 

最後に・・・

お金を20万円借りて旅行へ来たイメージ

長い人生、何度かはどうしてもお金が必要になる時がありますよね。

 

手元のお金だけではどうにもならない時が・・・。

 

でもそんな時こそ、大手の業者にお金を借りるという方法もあります。大手ローン会社や上場企業のグループ会社でしたら安心ですし!

 

大手のグループ会社は銀行傘下のところも多いです。銀行といえば昔は企業へお金をかしている所ばかりでしたが、今の時代は個人融資にも目を向けて消費者金融をグループ会社にして運営してるんですね。ですから、銀行系のグループからお金を借りているというように考えることができるんです。

 

なので、堂々と借りて、なるべく早く返済することが大事です。計画的に借りて計画的に返済するということですね。

 

今すぐ20万円借りることはできるの?

「今すぐ20万円借りることはできる?」と必要なお金の借入で心配になる場合もあると思います。

 

その理由は、

  • 20万円と言えば一般的なOLの給料
  • 20万円あれば中古車なら軽自動車が買える
  • エンゲージリング買うなら最低でも20万円は欲しい
  • 手取り20万円あれば生活可能
  • ダブルワークでも1か月20万円稼ぐのは難しい

など、20万円あったらできること・買えるものも多く、1か月分の給料に相当する大金でもあるからですよね。

 

そのため、今すぐ20万円という金額を借りる必要がある時、まずはどこならお金借りることができるのか考える必要があるので、その際にはこちらの記事も役立ててみてくださいね。

 

20万円という金額は高額であるため、親や身内、友達などから借りるのは難しい場合が多いと思いますので、今回は金融機関からの借入に絞って紹介しています。

 

20万円借りる理由、お金の借り方とは?

20万円の借り方について説明する前に、そもそも20万円必要でお金を借りる理由について触れてみましょう。

 

20万円借りる必要がある、その理由には

  • 20万円を元手にデイトレを始めたい
  • パズドラで課金を繰返し、気付いたら支払いが20万円
  • 持金に20万円プラスして海外旅行に行きたい
  • パソコン購入予算20万円を無駄遣いしてしまった
  • 20万円が引越しの費用に必要
  • 高額療養費の前払費用に20万円が必要

などがありますよね。
今現在必要としているお金、これから必要になるお金のどちらにも20万円欲しいという場面はありますが、そのお金の借り方について事前に知っておく必要があるのはどちらの場合でも同じですね。

 

20万円借りる理由がある時、その借り方には実は2つのパターンがあるんです。次ではいよいよお金の借り方について説明していきます。

 

20万円借りる時お金の借り方は2通り、どちらを選ぶ?

20万円借りる時、その借り方を知る前にまずお金を借りる場所を選ぶことが先決となるんです。

 

お金を借りる場所には

  • 今すぐ20万円借りることができる金融機関
  • 低金利または無利息サービスのある金融機関

というように2つのパターンがあるため、20万円の借り方も2通りあることになります。

 

この2通りの借り方の内、どちらを選ぶかによりメリットが違ってくるため、20万円借りたい時に何を優先するか考え、その上で借り方の選択をする必要があるんです。

 

今すぐ20万円借りることができる金融機関

20万円借りる時、借入先を選ぶ時の優先順位で一位が「借入のスピード」である場合、即日融資も可能な金融機関で申込みする必要があります。

 

具体的には、

  • 消費者金融
  • 預金口座がある銀行・自動契約機がある銀行

などであり、これらの金融機関ならば即日融資の対応も可となっているんです。

 

消費者金融で今すぐ20万円借りる

消費者金融は即日でと一口に言っても実際には

  • プロミス・アコム・モビット・アイフルなどの大手サービス
  • キャッシングエニー・フクホーなどの中小規模サービス
  • ヤミ金(お金借りるのは絶対にダメ)

の3つがあります。

 

大手サービスはテレビでCMが頻繁に流れていて、出ているタレントも有名で人気があるため、安心して20万円借りることができる金融機関と思ってイイです。

 

更に審査時間は最短で30分、借入までは最短1時間となっていて、即日振込みによる借入が可能です。また自動契約機でカード発行すれば、振込み以外でも当日中にコンビニATMから借入することも可能になっています。

 

そのため、とにかくスピード重視という時には大手消費者金融で申込みしてみると良いでしょう。

 

中小規模の消費者金融は一般的に「街金」とも呼ばれている金融サービスで、大手よりも知名度は低いです。即日融資も可能となっていますが、お金を借りる方法が店舗窓口・店舗内ATM・振込みと限られているため、大手より利便性に欠けると言えます。

 

ヤミ金でお金借りると法外な金利と取り立てが待っているため、借入先の選択肢に入れることのないように注意が必要です。

 

預金口座がある銀行・自動契約機がある銀行で借りる

今すぐ20万円借りる時、消費者金融の他にも申込みの銀行に預金口座がある・自動契約機を置いている銀行なら借入先の選択肢に入れることができます。

 

多くの銀行カードローンでは、即日融資の条件として同行の預金口座やキャッシュカードを持っていることが必要になっているんです。

 

即日で20万円借りる時、銀行口座が必要になる銀行は、

  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 楽天銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • 千葉銀行
  • 横浜銀行

などの他にも多数の銀行があります。
口座がない銀行カードローンで20万円借りる場合、まず新規口座開設が必要になり、さらにキャッシュカードの郵送を待つ必要があるので、借入までは1〜2週間の時間が掛かってしまいます。

 

一方、申込みの銀行に口座があれば、キャッシュカードでATMから借入をしたり、インターネットバンキングで20万円借りることも可能になるんです。

 

ただし口座がなくても、

  • 新生銀行カードローン レイク
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行

ならば自動契約機を設置しているため、当日中に審査に通過することができれば、カードを発行してATMでキャッシングすることも可能になります。

 

ただし、銀行の審査は大手消費者金融と比較すると基準が厳しめになっているため、審査に時間が掛かることもあります。どうしても今すぐ20万円借りることが希望ならば、やはり消費者金融の方が便利です。

 

ただし専業主婦の方が20万円借りたい場合、総量規制により大手消費者金融では借入不可になっていて、銀行なら借入可能となっていることから、銀行でお金を借りるしかありません。

 

低金利または無利息サービスのある金融機関

20万円借りる時、借入先を選ぶ時の優先順位で一位が「低金利または無利息サービスがある」という場合ならば、

  • 銀行カードローン
  • 無利息サービスのある銀行・消費者金融

を選択すると良いでしょう。

 

借入のスピードではなく、金利を重視したい場合には上記の2つに的を絞って借入先を決めると良いですが、以下ではその際の注意点の説明をしていますので、確認してみてくださいね。

 

銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低く設定されています。

 

20万円借りる際に、「金利は少しでも安い方がイイ!」という方には銀行カードローンが便利と言えるのですが、消費者金融よりも審査に時間が掛かるという弱点はあります。

 

それでも「時間が多少掛かっても大丈夫」という方には、銀行カードローンはおすすめできます。ただし低金利で20万円借りたいという時、審査内容が消費者金融よりも厳しくなります。

 

銀行では低金利でお金を貸しているので、貸倒れになった場合のリスクが大きくなるため、厳しい審査で利用者をふるいにかけているという部分もあるのです。

 

無利息サービスのある銀行・消費者金融

銀行カードローンで20万円借りる場合でも金利は掛かりますし、
消費者金融よりも低めの金利ではあるものの、短期間での借入では実はそれ程大きな差にはならないんです。

 

更に「金利には拘りがある」という方は、銀行カードローンの利用を考える前に、初めて利用する場合に限られますが、無利息サービスのある銀行や消費者金融の利用を考えた方がオトクと言えます。

 

無利息サービスを利用できる金融機関には、

  • プロミス(30日間無利息、WEB明細利用・メールアドレス登録が必要)
  • アコム(30日間無利息、35日ごとの返済が必要)
  • アイフル(30日間無利息)
  • ノーローン(1週間無利息、完済翌月以降も1週間無利息)
  • 新生銀行カードローン レイク(30日間無利息、5万円まで180日間無利息)
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング(30日間無利息)

があります。

 

ただし、無利息期間中にも返済日が来る場合もありますが、その際に返済を延滞した場合には無利息サービスが終了となるので、要注意です。

 

今すぐ、そして低金利で20万円借りるなら消費者金融が便利!

今すぐ20万円借りるなら何と言ってもスピード感があるという理由から大手消費者金融がおすすめです。

 

また銀行よりも金利が高めとは言え、無利息期間のある消費者金融ならその間は金利の心配は不要となります。

 

20万円借りたい時、優先順位として考える「即日融資」、「低金利」について一定期間ではありますが、どちらも満たすことができるのは大手消費者金融であると言えるでしょう。

 

今すぐ20万円借りたい!でも返済が心配

20万円借りたいけど、返済できるか心配と思う方も多いと思います。

 

たとえば消費者金融で今すぐ20万円借りる場合、毎月の返済額は8000円前後となることが多いです。ただし返済については借入のキャッシングサービスに相談したり、返済シミュレーションをして返済計画を立てるなどすることもできるんです。

 

また毎月の返済以外でも20万円借りる負担を減らすために、ボーナスや臨時収入を貰った時などに「繰上げ返済」することでも、支払う利息を減らし、返済期間を短くすることが可能になります。

 

まとめ

今すぐ20万円借りる時にはどんな理由があり、お金を借りる方法にはどんなことがあるのかについて紹介しています。今すぐ20万円借りたいけど利息が心配という方も、こちらのページを読めば安心できるハズです。スピード重視・金利重視という2つの希望を満たすことができるのは、どんな金融機関でしょうか。